社労士の資格を取ったら?

元キャリアウーマンのカルメンです。もちろん、あだ名です。
仕事大好き、自分磨き大好き、好奇心旺盛、肉食系女子の30歳でございます。
このたび、社労士試験に合格し、新しい生活がスタートして数ヶ月経ったところです。
それで、まだ試験に受かったばかりの経験を活かし、このサイトを立ち上げてみました。社労士の資格と試験についてご紹介していきます。

わたしが社労士になろうと思ったきっかけは、会社をやめたかったからです。というのも、忙しすぎて自分がないのです。入社したての頃は、とにかく夢中で、早く一人前になりたくて、人の何倍もがんばりました。でも、それっていつまで続くのだろう・・・。そんな疑問がわたしの内側に沸いてしまったのです。

毎日9時から終電近くまで働いて、家は寝に帰るだけ。家事は最低限、自炊もまったくせず、休日はごろごろし、連休をとっても実家でのんびりするだけ、旅行に行ったのは5年のうち1回だけです。それも、2泊の小旅行、国内の温泉です。

それでも、がんばった甲斐あり、責任のある仕事も任されるようになりました。仕事の楽しみもわかってきました。でも、今のままでは今後が見えないのです。結婚したいのに、それ以前に出会いがなくて恋人ができません。人は何のために働くのか。そんな哲学的なことを考えてしまったりしました。

そこで、もう少しゆとりのある生活がしたい。ライフワークバランスを重視した暮らし方がしたい。そう思うようになりました。そのためには、会社を辞めるほかはありませんでした。それは、ある意味社風の問題であり、またある意味自分が作ってきた環境でもありました。ちょうどプロジェクトの切れ目にいろいろと考えて、会社を辞めて自分で事業を始めることについて計画を立て始めました。

なぜ社労士かというと、何でもよかったのですが、国家資格を取って独立・開業したいと考えたからです。公認会計士、司法書士、税理士、行政書士、社労士で迷い、仕事の内容などから自分に適していると思って決めた感じです。

ずいぶんと前置きが長くなってしまいましたが、このサイトでは、そんなわたしが社労士資格を取るまでの経験と、その後のライフワークバランスがどうなったかなどについてもお伝えできればと思います。特に、働きマンの貴女、生活にゆとりがほしい貴女、私生活を充実させたい貴女、そんなみなさんにメッセージが発信できれば幸いです。

| 次のページ |