社労士になったらどれくらい稼げるのか。

社労士の試験は難しいので、たくさん稼げるのでは?と期待してしまいますよね。でも、最初にお伝えしますが、平均はそれほどでもないようです。出所は定かではありませんが、平均年収600万円程度というデータもあります。

せきららに語らせていただくと、わたしの会社員の頃の年収は480万円くらいでした。社労士の平均600万円が稼げるなら、年収アップできるということになります。全国の女性は平均月給22万円代なので、ボーナスが年2回2か月分で計算したら年収350万円ですね。ということは、多くの女性が現状より年収アップの期待ができるということになります。(ちなみに、男性の平均月給は33万円代です。)

これで満足できれば別にそれ以上語ることはありませんが、他の国家資格に比べて低いといわれています。たとえば、弁護士や税理士の平均年収は800万円くらいだそうです。社労士の600万円は、少し見劣りしますよね。それに、社労士よりも試験の難易度の低い行政書士の平均年収も600万円くらいだそうです。苦労して社労士をとっても、少し不満が残る感じです。

また、それ以前に、社労士として独立開業した後、平均年収の600万円をいつのタイミングで達成できるのかという不安もあります。また、社労士事務所に就職した場合、サラリーマン的な働き方のため高年収は望めないのではないかと思います。もちろん、長くいれば歩合になるでしょうけれど。

なんだか悲観するようなことばかり書いてしまいましたが、逆の発想もできます。独立・開業は、言ってみれば腕次第です。まだまだ潜在需要があると思うので、うまくすれば1000万円以上稼ぐことも夢ではありません。2000万円程度稼ぐ人もいると聞きます。このクラスになると、どの資格を持っているかというよりも、どれだけの経営センスがあるのかということにかかってくるのだと思います。

このサイトのサブテーマとして、ライフワークバランスの実現というのがあります。プライベートの充実のためには、年収が高いにこしたことはありません。でも、大金を稼ぐために忙しすぎるのも意味がありません。time is money です。わたしは、年収600万円くらい稼げればいいと思っています。ですから、年収という視点で資格を選びませんでした。

あくまでも年収重視!という方は、社労士は向いていないかもしれません。もっともっと難関資格にチャレンジするべきです。でも、やや上流くらいを狙うなら十分だと思いますよ。

| 次のページ |