社労士試験Q&A。

さて、社労士になるために最も重要な社労士試験。Q&Aでお伝えします。

  1. Q 試験概要を教えて?
    A 試験日程 : 例年8月の第4日曜日か第5日曜日 10:30~16:40
    受験資格 : 2ページ参照。http://www.sharosi-siken.or.jp/sikaku.htm参照。
    試験形態 : 選択式、択一式
    試験科目 : 労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律、労務管理その他の労働に関する一般常識、社会保険に関する一般常識、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法
  2. Q 試験科目の内容は?
    A 試験科目内容は、上記を見てもらうとわかるとおり、労働に関する法律が中心です。覚える量は半端ではありません。受験勉強では暗記をたくさんします。面倒がってはいけません。
  3. Q 合格ラインは?
    A 合格ラインは、その年によって違いますが、ここ数年の傾向を見ると次の範囲に収まっています。
    ・選択式問題 → 各科目で3点以上 総得点で22点~28点以上(40点満点中)
    ・択一式問題 → 各科目で4点以上 総得点で42点~48点以上(70点満点中)
    つまり、合格ラインは70%だと考えてよいと思います。
  4. Q 合格率は?
    A? 合格率は下記のとおりです。毎年10%にも満たない難しい試験ですよ。
    平成18年 3,925人 8.5%
    平成19年 4,801人 10.6%
    平成20年 3,574人 7.5%
    平成21年 4,019人 7.6%
    平成22年 4,790人 8.6%
    平成23年 3,855人 7.2%
    平成24年 3,650人 7.0%
    平成25年 2,666人 5.4%
    平成26年 4,156人 9.3%
    平成27年 1,051人 2.6%
  5. Q 試験勉強はどれくらい必要?
    A 試験勉強の時間については、いろんなことをいう人がいますが、1年くらいはかかると思います。わたしも1年くらいでした。ハードワークの中で勉強したのでこれくらいですが、受験に専念できる環境ならもっと早いかもしれません。
    時間にすると500時間程度という人もいますが、法律を学んだことのない人や人事部・総務部などの経験のない人は、その2~3倍かかっても不思議ではありませんよ。

| 次のページ |