社労士試験合格までのスケジュールの立て方。

社労士試験合格までのスケジュールの立て方をお教えします。フォーサイトの受け売り部分もありますが、わたしも実際にやった方法です。
まず、目標の本試験日を決めます。わたしは、その1年前から勉強を始めました。そこから逆算すればよいだけの、当たり前でシンプルなものです。

本試験は8月です。1年計画の場合、こんな感じです。

基礎講座 前年9月~12月
過去問講座 1月~6月
直前対策講座 7月

以上です。ポイントは、本試験の1ヶ月前から直前対策を始めること。基礎講座をできるだけ早く終わらせること。この2つです。いつから勉強を開始しても、この2つを実践すれば、過去問講座の時間が決まります。
ただし、過去問講座には時間をかけなければなりません。過去問こそ、試験対策の要だからです。基礎に時間がかかりすぎると、過去問をこなせずに失敗してしまいます。上記のとおり半年の時間を割くことができれば、全体を2~3度解けると思います。これくらいの準備をしておくべきです。わたしは、まるまる2度解いたあと、間違った部分を繰り返し復習しました。

もし学習期間が8ヶ月しかないとしたら、基礎を1~2ヶ月でマスターするくらいのスピード感覚が必要です。そうすれば、過去問講座の段階で、みんなに追いつきます。イメージとしては、本試験の前年12月中に基礎ができればよいペースだと思いますよ。

スケジュールの立て方といっても、ごく当たり前のことです。でも、普通こんな難しい試験を受けることがないので、計画的に勉強する習慣がついていません。1年というとたくさん時間があるように感じますが、ボーっとしていると、あっという間なのです。それに、おそらく教材が届けば実感すると思いますが、覚える量がたくさんあります。早く始めるに越したことはないし、毎日少しずつ覚えていくのが効率的です。丸暗記が得意な人もいるでしょうが、そういうレベルではないので注意してください!

もちろん、スケジュールを立てるのが目的ではなく、実践が重要です。無理な計画は立てずに、可能なレベルで設定してください。本試験まで6ヶ月をきっている場合は、翌年に照準を定めたほうがよいかもしれません。

| 次のページ |